BLOG

OOO(オフィス外)な世の中の働き方

2021年12月16日

中央に OOO と書かれ、周りに Quality of Life improves quality of work improves と書かれた、オレンジと赤の同心円グラフィック

柔軟で分散した働き方ができるということは、誰にとっても素晴らしいことです。雇用主にとって、オフィスを持たないことは、雇用、離職防止、そして生産性において大きなメリットがあります。また、オフィスにいる必要のない社員にとって、オフィスからの解放は、自分の生活に合った柔軟なスケジュールで、好きな場所で生活できることを意味します。

一方、オフィスがなくても、雇用主には従業員の健康と幸せに配慮する責任があります。そこで、私たちが考える、OOO な世の中における仕事の 3 原則をご紹介します。

1. 私たちは、最高の仕事ができる場所で働き、最高の生活ができる場所で暮らすべきだと考えています。私たちの社員は、常に生産的でありたいと思い、いつ、どこで、どのように働き、どのように暮らすかを決めることができる、信頼できる大人です。

2. 社員の報酬は、住む場所や過去の仕事の報酬ではなく、会社への貢献度に基づいて決められるべきです。 

3. オフィスがなくても、従業員が安全で、健康的、かつ生産的な仕事環境を確保することは、雇用主の責任です。

これからも、分散型ワーカーが直面する新たな問題への解決策や、働き方改革を進める人々のアドバイスをご紹介していく予定です。雇用主が分散型ワークの真のメリットを早く理解すれば、仕事に熱心で、自律的な人材から最高の結果を得ることができます。一部の人が長年享受してきた柔軟性と権限を、すべての人に与えられるべき時が来たと言えます。

このような働き方が魅力的に思える方は、ぜひ私たちのチームに参加してください。